2017年3月11日土曜日フリーランス日記

今日は東日本大震災から6年です。
当時は派遣労働者としてデパートでイベントの仕事をしていました。
その時は休憩しようかなという時で、休憩に行こうとした瞬間に揺れはじめて初めは「何だろう?」感じでした。
つまり地震だっていうことに気がつくのに時間がかかり、携帯を見たら携帯の電波時計が止まっていました。
たまたまいたデパートは免震構造の上、免震ゴムを取り替えたばかりで揺れがそこまで大きく感じなかったということも地震に気が付きにくかったのかもしれません。
その後携帯電話のワンセグで東日本大震災が起きたということを知り、 津波の映像が流れてきてかなり大きな地震だったということを初めて知ったのです。
その日の仕事はすぐ終わり交通機関がマヒしていたので、デパートの休憩室で待機することになったのです。
この事を面白くないと思っていたのは派遣会社で「派遣先は泊まる場所じゃないから帰りなさい!」と言ってきたのです。
派遣先のデパートでは「危ないから休憩室で待機しましょう。」と言っていたので、帰ることが出来ないし翌日も仕事だから待機することにしていたのです。
このことから私は派遣会社と距離を置くようになりました。
それ以来フリーランスとして働いたりアルバイトとして働くということも多くなり派遣会社とは距離を置いてる状態を続けています。ミュゼ vio 料金