見えないところに潜む危険、犬の健康について

今回は私が飼っているトイプードル、チロルの健康ついてお話ししたいと思います。私がチロルを飼い始めたのは4年前のことなのですが彼女は比較的細身だったため、とにかく大量に餌をあげていました。ドッグフードはもちろん米やパンなど人間食も与えていました。しかし私は大きな間違いを犯していることに気づいていませんでした。特にチロルに異常はなかったのですが1歳を過ぎた頃に定期診断に連れて行きました。私は病院に行って初めてチロルのコレステロールが平均値を圧倒的にオーバーしているということに気づいたのです。

見た目だけで健康かはわからない

チロルのように異常がないように見えても検査をすることで思わぬ病気や肥満などが見つかる場合があります。チロルのように体が小さいからと言って沢山餌を与えるのは大変危険です。かえって細身の犬だと肥満やハイコレステロールであっても気づかないことが多いので厄介かもしれません。特に犬や猫などの動物は話すことができませんから、何か重大な病気が見つかる前に定期的に病院へ連れてってあげるべきです。

人間食は犬にあげるべきではない?

人間食と言っても様々ですし犬に与えても問題ない食べ物は沢山あります。しかし一度与えてしまえば犬も賢いものですから可愛い顔をしておねだりしてきます。私も食べている際にチロルに可愛い顔でせがまれるとついあげたくなってしまいます。しかし犬には犬専用のドッグフードがあり本来はそれで十分なわけです。もちろんそのご家庭の考え方にもよりますが、犬によっては本当に少しのパンや米だけで血糖値が上がってしまう場合もあります。チロルもその一人です。なんでも可愛いからと言って食べ物を与える前にまず自分の飼っている犬の体についてよく知ることをお勧めします。もし犬を飼うことを考えている人がいれば、最初から人間食を一切与えないというのも一つの方法かしれません。そうすれば執拗にせがまれる必要もなくなると思います。本当に犬が食べ物をせがんでくる姿って可愛くて体に悪いとわかっていてもあげたくなっちゃうんですね。

散歩の重要性

チロルは本当に歩くのが嫌いで、というより小さい頃からあまり歩かせていなかったので全く歩く習慣がありません。散歩好きなら良いのですがチロルは外に出ることすら嫌がります。しかし人間と同じで犬にも運動が必要です。当たり前のことですがなかなか時間が取れなかったり、犬の散歩嫌いによって散歩をおろそかにしている飼い主さんも多いのでないのでしょうか?ですが、犬のストレス改善や健康全般において散歩は大変大事ですから皆さんにもぜひ積極的に散歩に出かけてほしいと思います。エピレ 600円