里帰り出産をする予定が、出来なくなってしまいました

私は、今妊娠中で、本当は実家に帰って里帰り出産をする予定でした。
そのつもりでずっと考えていたので、親にいろいろと頼めて助かるなと思っていました。

ですが、母親の調子が悪く、実家に帰って、私や赤ちゃんの様子を見ることが出来ないので、里帰りはせずに、今住んでいるところで生むことは可能かと言われてしまいました。

実家暮らしをしていたときから、私の出産のことを楽しみにしてくれていたので、私としては里帰りしたい気持ちでいっぱいだったのですが、親からその話を出されたときは正直言ってショックでした。

もう、なんだか、私のことよりも、自分たちの体調のことばかりを言っていて、昔の母親と変わってしまったように思い、辛いです。

もう、妊娠20週になるので、ちょうど妊娠の折り返し地点に来ています。
ずっと、里帰りの予定をしていたので、それが無理になったことから、こちらで産院を探さないといけません。
今通っている産院でも、里帰りをすることを伝えているので、今から予約が取れるのか、正直不安です。

エホバの証人の活動:イエスキリストの死の記念式の招待活動

3/31土曜日にイエスキリストの死の記念式が世界中で行われます。時差があるので、アメリカは日本時間4/1になります。毎年執り行うこの行事はイエスキリストが追随者に明確に命じた事柄の一つであり、記念する日に関しては唯一の命令です。イエスキリストはご自分の誕生日や復活した日やバプテスマを受けた日を記念するよう弟子たちに一切命令していません。ご自分の死を毎年記念するよう命令しました。それでエホバの証人は毎年、死の記念式を執り行います。今年は記念式の前の週にイエスキリストの人となりについての話が集会でなされます。本日より、これらの集会、記念式に招待するための活動が開始しました。そもそも何故イエスキリストは死ぬ必要があったのでしょうか?イエスキリストの死は私達一人一人にどのように関係しているでしょうか?イエスキリストの死は私達に何を可能にしたでしょうか?これらの質問の答えを得る事できるのて、招待活動にも力を入れて頑張っています。次回また、紹介します

本当におしゃれだと思っているのか、疑問に感じてしまう

最近の高校生から大学生くらいの男の子のファッションを見ていると、なんだかちょっと違和感を感じたりすることがあります。
最近では、柄の入ったおおぶりのシャツに、ワイドパンツにインしたりするコーディネートをよく見かけます。
また薄いブルーやイエローの丸いサングラスは、1970年代のサイケやヒッピー文化を思い起こさせたりします。
昔の流行のリバイバルというのはよくあることですよね。
でも、個人的には、どうしていまこうしたファッションが人気なのかというのが、ちょっと私には理解できません。
そういう格好をしている人を見かけたりすると、おしゃれというよりは、ちょっと頭が悪そうな格好をしているなと思ってしまいます。
一昔前のチンピラっぽいというか、とにかく洗練されているという感じはしないし、良さがいまいち分からないんですよね。
それに加えて、オーバーサイズのトップスやボトムというのは、実用的な選択だとも言いがたいですよね。
実際にそうした服を着ている人たちも。本当にこれが格好いいと思って着ているのか、はなはだ疑問に思ってしまいます。脱毛ラボ デリケートゾーン