我が家の新しい仲間であるお祭りで買った金魚たち

娘は動物が大好きで、周りのお友達が犬を飼いだしたので「パパ、私もおうちで飼いたい」と懇願していました。
しかし、パパは「お世話をするかわからないから駄目だ」となかなか許してくれません。
女の子なので「誰かのお世話をする」という行為がしてみたいのでしょう。
生まれながらにして母性というものがあるんです。
そんな娘が近所のお祭りで金魚すくいをしてきました。
500円を出して網ですくったそうです。
平成の時代は「紙」ですくうのではないようで驚きました。
小さな金魚を四匹取ってきて「ママ、金魚鉢にいれて飼おう」と言い出し、自分で金魚鉢を洗って準備していました。
ホームセンターで金魚の餌も買い「かわいいね」とリビングに置かれた金魚に毎日夢中です。
心配していた世話のほうも、学校から帰ると水を変えて餌をしっかりと与えています。
「金魚が上の方に来ているということはおなかが空いたのかな?」と金魚の様子にも気にしており、「誰かをお世話する」という夢がかなった娘は大喜びです。アリシアクリニック 効果

私が思う子供教育に着いて思うことまとめて観ました。

 私は、現代の子供達は少し、色々なことに病んでると思います。その理由は小さいころから情報に晒されて育ったせいで色々と対応が悪いと思いますね。けど、教育というよりももう少し子供を怒鳴ったり叱ったりした方がいいと思います。そうでもしないと上下関係の強さが分からないから感情の動向とかではないと思いますね。私は、セクハラや性的なことはダメだと思いますがそれ以外のことは言って怒鳴って教えるくらいはしないとダメだと思います。その代わり暴力はダメだとは思います。現に障害雇用を優先してる会社でも失敗をすれば始末書をしっかり描かせられますし、ちゃんと上司の方と置きゃさんの所へ謝りに行きますからね。それが暴力とか危険に晒されてるとかあるならそれこそ甘えだと思います。人生は楽あれば苦もあるようにほとんど苦の連発なのです。それは環境を選んでは産まれてこられないのでどうしようもないことだと思います。暴力はダメですがある程度は殴られないと分からない子供が多い中で暴力がダメだったら言葉で注意するしかないのです。キレイモ 回数制