美味しいブドウの見つける方法をご紹介します。

貴方は秋の時期に旬を迎えるブドウはお好きですか?

様々な品種や産地によって収穫時期が異なります。ブドウの主な種類が市場に出回る時期は、8月の下旬から10月の上旬頃にかけてです。

そして、日本のブドウの産地は主に、山梨県や長野県・山形県・岡山県などが挙げられます。

美味しいブドウを見つける方法は、皮の色が濃くて表面に張りがあり、実の皮の部分にブルームと呼ばれる白い粉が付着しているものを選ぶのが良いでしょう。

このブルームが、ブドウの皮にしっかりと付着していると、新鮮なものである証拠なのだということです。ブドウの枝の部分が太くて、きれいな緑色をしているものがお勧めします。また、枝の部分が茶色に変色してきている場合には、収穫されてから日にちが経過していることになります。

そして、その日に食べ切れない場合には、ラップや新聞紙に包んだり、ビニール袋に入れて、冷蔵庫の野菜室で保存をすることが重要だとされています。

秋の季節に、旬のブドウを食べる際には、このような選び方や保存方法がお勧めです。お金借りる 人気